飲む日焼け止めは飲み続けることで効果が増す?

471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s

 

飲む日焼け止めを使用する場合、どのくらいの期間、飲めば効果が期待できるのかは気になるところですよね。

基本的に飲む日焼け止めはサプリなので飲む期間については特に目安はなく、飲み続けることで効果が増してきます。

身体の内側から紫外線対策を図るには一定量飲み続ける必要があるので、1ヶ月くらい飲み続ければ大丈夫ということはありません。

 

 

飲む日焼け止めの効果の持続時間は大体4時間から24時間程度で、飲んだからと言って半永久的な効果は期待できません。

大事なのは決められた目安の量を必ず守って摂取するようにし、日差しが強い夏場の期間はしっかりと飲み続けることです。

 

 

国内の飲む日焼け止めの有効成分の多くはニュートロックスサンが含まれていて、日焼けによるシミやシワ、皮膚のたるみなどの症状に効果が期待できます。

これらの効能は継続して使用することで初めて得られるようになっていて、塗る日焼け止めで防ぎきれない紫外線のダメージを抑えることが可能です。

ニュートロックスサンには、活性酸素をコントロールして紫外線による肌の炎症を抑え、ビタミンDの生成を守る働きがあります。

飲む日焼け止めには欠かせない成分なのですが、医薬品ではないので即効性はありません。

 

 

飲む期間は自由で途中で中断しても問題ない代わりに、できるだけ継続して長く使用していくことが重要です。

必ずしも毎日飲まなければならないわけではありませんが、紫外線のダメージを最小限に抑えたいなら毎日飲み続けるようにしましょう。

 

参照:《成分マニアが教える》絶対に選んではいけない飲む日焼け止めサプリ?

 

 

 

コメントを残す