多摩で入れ歯を作るときには?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

 

多摩にある歯科クリニックでは歯が無くなった人のために入れ歯を作ってくれます。入れ歯にも色々な種類があります。新しいタイプのかみあわせを改善するナチュラルフィットデンチャーは、欧米で大変注目されているもので歯科では認定医が適した入れ歯を作れてくれます。

浮かなくて落ちない、噛み締められるために厳密なカウンセリングを行い計測します。

部分的に歯が無い場合は部分入れ歯もあります。支えるために健康な歯に金属の爪を入れます。口の中は自分の健康な歯と入れ歯が混在していて、爪が残っている健康な歯に負担をかけるので無理な力がかからないように調整してくれます。前歯に爪がかかると見た目の印象が良くないのでその場合は透明なプラスチック製や爪のないものを使います。

歯が一本も無い人は総入れ歯になります。歯ぐきと粘膜で安定させますが慣れるまでは何回かの調節が必要です。上あごはそれほど難しくないですが歯ぐきが痩せている下顎は大変難しく、特に高齢の女性だと骨が薄くなっていることもあるので調整が欠かせません。他にはインプラントを埋めて支えにしたり、6本から8本埋めると固定式のブリッジにも出来ます。

見た目が綺麗なタイプもあって噛む機能もしっかりと回復できて強度もあります。金属の爪が歯にかからないので見た目も綺麗で健康な歯を駄目にすることもありません。

粘膜にあたる床の部分が金属だと金属床といって、金属製なので保険で作れるプラスチックと比べると強度もあって衛生的です。金属だと薄く作れて違和感も少ないです。保険が適用されないためコストが高くなりますが快適に噛めます。

多摩には歯科クリニックも豊富にあるので自分にあった治療を行なってくれるところを選んでタイプも決めていくと良いです。入れ歯 多摩

コメントを残す