大人ニキビにはどんな対策が必要?:大人ニキビにはビタミンC

大人ニキビが出来る原因は、皮脂や角質トラブルとストレスとも関わってきます。10代の頃に出来る思春期ニキビとは違って、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアの仕方も原因になってきます。

大人ニキビの主な原因は、生活習慣やストレスといった内的要因と、間違ったスキンケアなどの外的要因の2つにわけることが出来ます。ストレスを感じると交感神経が活発に動くようになるのですが、交感神経が活発に動くと活性酸素が発生します。

活性酸素は肌環境を整えるビタミンCを消費するので、肌の環境も悪化してしまいます。さらにストレスに抵抗するために、身体の中には副腎皮質ホルモンが分泌されます。このホルモンが分泌されると、皮脂の分泌量も増加します。毛穴を詰まらせる原因となる皮脂が増えることで、ニキビの発生率も高まってしまうということです。

ストレスはニキビの発生を悪化の悪循環を生み出してしまうのです。ビタミンCは肌の環境を整えて維持する効能がありますが、ストレスなどによって消費されてしまいます。摂取したビタミンCが不足すると、ニキビや肌トラブルが増えます。

そのため大人ニキビを予防するためにもビタミンCは十分な量を摂取しておく必要があります。ビタミンCは肌環境を整えるはたらき、ニキビの予防効果のほかに、できてしまったニキビのケアにも効果的です。食事から取るだけではなく、化粧品などを直接塗布することも可能です。食事で取ることも考えつつ、化粧品でも補うことを意識しましょう。ビタミンC誘導体ならニキビやニキビ跡にも効果的なので試してみる価値はあるとお思いますよ。

参考記事 ビタミンC誘導体の化粧品がなぜニキビ跡にイイの?

コメントを残す