アルジルリンは多汗症の改善にも効果あり?

AdobeStock_65948538

 

 

多汗症を改善する最善の方法は、皮膚科などのクリニックで手術を行うことですが、手術となると治療に必要な費用もかさみますし、身体に傷跡が残ってしまう可能性もあります。そのため、ボトックス注射のように、傷跡が残る心配がない治療法を選択する人も多く見られます。

ボトックス注射はシワやたるみなどを解消する施術でもあり、このボトックス注射と同じような効果が期待できると言われているのがアルジルリンです。塗るだけで効果が得られることから、塗るボトックスと言われています。多汗症の治療で行うボトックス注射は、永久的な多汗症の改善は見込めませんが、一定期間多汗症の症状を抑えることができます。そのため、塗るボトックスとして知られるアルジルリンも、シワやたるみ、多汗症に対して効き目を発揮すると考えられます。

ただし、注射のような即効性はないので、効果を実感するまでに1カ月程度は継続して使用する必要があります。毎日のスキンケアの一部として続けることが大切です。アルジルリンによる多汗症への効果は個人差があり、中には使用しても期待していた効果が得られない場合もあるので注意しましょう。

塗ることで多汗症を改善する治療法としては、塩化アルミニウムを利用する方法もあります。塩化アルミニウムは市販の制汗剤にも使われている成分で、汗を分泌する汗腺を閉塞させて、汗が出るのを抑える作用が期待できるのが特徴です。高い効果を得たい場合、市販の製品よりクリニックで処方してもらう方が確実です。

コメントを残す