多汗症 ボトックス注射の副作用?

多汗症やワキガの治療として、汗腺を取り除く手術はちょっと怖い、でも注射なら少しの痛みで済むしとボトックス注射を選ばれる方も多いのではないでしょうか。手軽に行えるとして、多くの美容外科で取り入れられつつあるボトックス注射ですが、副作用があることをご存知ですか。

たんぱく質の一種であるボトックスが、汗の分泌を促すアセチルコリンの働きを抑制することで効果があらわれるというものです。デメリットとしては、切開手術に比べて、効果が一定期間のみであることと、その割には値段が高めだということです。

また副作用として、代替性発汗の可能性があることも大きなデメリットであると言えます。これは、人間がかく汗の量は一定です。本来わきから分泌されるはずだった汗が、他の部位から発汗するようになる症状のことです。

部位としては、個人によるのですが背中、お腹、お尻から発汗する場合が多いようです。これまでの経験から想像している以上に汗をかいてしまい、例えば座っていた椅子がびっちょり濡れて座っていたアトが残ってしまうこともあるのです。

また、注射に使用する量がワキにとなると多くなるため、安全面においても注意が必要となってきます。注射した部分が腫れたり、倦怠感や頭痛を感じる人も中には居るようです。アレルギー反応を示す人もいるようですので、ボトックス注射を検討されている方は、手軽さだけを求めるのでなく、副作用やデメリットをよく知った上で検討してくださいね。

 

コメントを残す