痛風の食事療法はプリン体を多く含む食べ物を控える?

痛風の食事療法は、プリン体を多く含む食べ物を控えることとアルコールを控えることと野菜や果物や海藻類や芋などを食べることと薄味にすることと、水分を多く摂取することの5つです。

プリン体は尿酸の原料となりますので、多く含む食べ物の摂取を控えることが大切です。プリン体を多く含む食べ物は、レバーや心臓などの内臓類や昆布や椎茸などの乾物類やカツオやマグロやイワシやサンマなどの魚類や、明太子や牡蠣や蟹や海老などです。

 

アルコールには、尿酸の排泄を妨げる働きがあるため血液中の尿酸値を高く維持してしまうため控えるのが良いでしょう。

野菜や果物や海藻や芋などのアルカリ性食品は、尿酸を溶かす働きがありますので積極的に摂取するのが良いでしょう。野菜はほうれん草やニンジンやナスや大根などで、果物はバナナやグレープフルーツなどが良いでしょう。海藻は昆布や若布やヒジキなどが良く、芋はジャガイモやサトイモなどが良いでしょう。食べ飽きないようにするためには、焼いたり煮たりサラダにしたりなど調理方法を工夫すると良いでしょう。

 

塩分を摂取しすぎると痛風の合併症の高血圧症や動脈硬化や糖尿病などに罹る可能性もありますので、薄味にして塩分を控えると良いでしょう。濃い味付けが好みという方は特に注意が必要です。

水分は尿酸を溶けやすくする働きがありますので、尿と一緒に排出するように多めに水分を摂取すると良いでしょう。汗などで身体の中の水分が失われると尿酸値が上昇してしまいますので、汗をかく季節は特に注意して水分補給する必要があります。汗をかいたらこまめに水やお茶を飲むように心掛けると良いでしょう。痛風の詳しい食事療法に関してはこちらのサイトがオススメですよ。

コメントを残す