活性酸素はなぜ発生する場面とは?

活性酸素とはいろんな物質の総称ですが、
身体にとって良い活性酸素と悪い活性酸素があります。

元を辿れば全て同じですが、酸化力を帯びることで、
良い活性酸素から悪い活性酸素へと徐々に変化していきます。

今回は活性酸素はどうゆう時に発生するのかについてご紹介します。

活性酸素が発生する場面

ストレスを多く感じた時
早食い・大食いをした時
エネルギーが急に少なくなった時
急に酸素が入ってきた時

まず現代社会はストレスが多いと言われています。
仕事関係や人間関係がうまく行かず多くのストレスを抱えている人がいます。
ブラック企業で働いて給料は安いのに休みがない、なんて言う人も多いのではないでしょうか?
そうゆう時も身体の中では活性酸素が発生しています。

あとは全力疾走時のようにエネルギーを一気に使い果たした時や、
酸欠で呼吸が早くなっている場合でも活性酸素は発生します。

他にも手術などで一時的に血流を止める場合がありますが、
処置が完了し、血流をスタートさせる時も一気に酸素が全身を駆け巡るので、
大量の活性酸素が発生します。

最近では活性酸素を水素水で除去出来るという研究も発表されているので、
生活習慣病の為にも水素水を飲んでみても良いかもしれません。

水素水サーバーがあれば、家族全員で共有できるので
1つ1つ商品を購入するよりもお得になります。

コメントは受け付けていません。